正法寺 大仏殿

 金鳳山正法寺は、京都宇治黄檗山万福寺の末寺である。第十一代惟中和尚は、歴代の大地震および大飢饉の災霊の祈願をたて、奈良東大寺大仏の聖徳を敬って、ここに大釈迦如来像の建立をはかりました。

 この大仏は周囲1.8メートルの大イチョウを真柱として、骨格は木材をもって組み、外部は竹材にて編み粘土をぬり一切経、阿弥陀経、法華経、観音経などを張り、その上に漆を施し、金箔をおいたものであります。

 惟中和尚は、正法寺の門徒が少なく各地を托鉢して、遠くは信越地方まで、ひたすらに経本の喜捨に歩きました。苦業25年、文化12年7月22日建立半ばにして歿しました。

 第十二代肯宗和尚は、師の志をよく継ぎ、天保3年4月、苦業13年二代にわたる実に38年の歳月を費やして、ここにようやく大釈迦如来像を完成させました。大仏の開眼供養には、尾州侯の使者を賜わり、織田信長の居城以来の盛儀であったと言われています。

 << 大仏の詳細 >>

像高    13.63m
顔長さ    3.63m
目長さ    0.66m
耳長さ    2.12m
口幅     0.70m
鼻高さ    0.36m

胎内仏として、薬師如来像が安置されています。

拝観料
大人(高校生以上) 200円
子供 100円
30名様以上の団体様の場合
大人(高校生以上) 150円
子供  50円